0

アイロンと汗

アイロンと汗

典型的な冷え性で新陳代謝の悪い私は、汗をあまりかきません。サウナに入っていても隣のおばちゃんから5分遅れで汗が出てきます。我ながら嫌なものです。

汗をかいて嫌なシーンもありますが、逆にすっきりすることもあるからです。運動をして汗をかくと、とても心地いい気持ちになります。それがあまりありません。

たまに毛穴が詰まって汗がでないのかな、と思うことすらあります。肌はテカるくせに、嫌になっちゃいます。

そんな私が唯一汗をだーっとかくのが、アイロンをかけている時です。夫のワイシャツをアイロンするのですが、その時にわざと暑い部屋にこもってやるのです。

アイロンをかけるのが趣味、といってもいいかもしれません。いや、正確にいえば「アイロンをかけて汗を出すのが趣味」となりますでしょうか。

じとーっと出てくる汗に、ちょっとした興奮すら覚えることがあります。

普段なら絶対にかかないような場所に汗だまりが出来たりもします。胸の谷間があれば池でもできるのでしょうが、残念ながら私の場合は滝になってしまいます。

それが下までおちて、滝つぼにあたるおへそのところで汗が溜まるのです。それをタオルで拭いたときに「汗かいたなあ」と実感するのです。

他にも、唇の上のへこんでいるところに溜まったりですとか、滅多に見れない池が出現するのです。

そして一番の楽しみが、したたる汗をみることです。アイロンをかけながらワイシャツの上に私の汗が落ちると、金メダルでも獲ったかのような喜びに包まれます。

この文章を書いていてちょっと自分はおかしいかも、と思いましたが、そんなちっぽけなことが意外に普段の生活の楽しみになっていたりするものです。

それを夫に言うと「じゃあ俺のワイシャツは塩分濃度3%ぐらいなわけだな」とご丁寧に解説してくださいました。

アイロン以外でも汗がかけるように、代謝をあげなくてはいけません。それはやっていかなくてはいけないことなのですが、サウナよりも手軽に汗をかくならアイロンです。

久々にすかっと汗をかきたいなと言う人は、小さな部屋に籠ってアイロンをかけてみてください。水分補給は忘れずに!あと、あまりにも密閉した空間はダメです。

きちんと換気ができるところでやるようにしましょう。って、やる人いないですよね(汗)

ベンツSLクラス

早朝メール

いい気持ちで寝ているところに、幼なじみからのメール受信を知らせる着信音。ビックリして目を覚まし、時間を見るとまだ早朝5時。幼なじみは朝が早い仕事をしているので、この時間にはもう出かける準備が出来ています。それにしても、こんなに朝早くからメールが来たことなんてありません。

何事かと思ってメールを開く前に目に入ったのは、タイトルの「大変!!!」の文字。大変、しかもビックリマークが3つも。これはただ事ではないのでは…。

幼なじみは一人暮らしです。もしかしたら高熱を出して寝込んでいるのかもしれない。それがかなりひどい状態で起き上がることもできず、SOSを出してきたとか。救急車は110番?119番?どっちだっけ…。

それとも空き巣に入られた可能性もある。幼なじみはうっかりしているところがあるから、カギをかけ忘れて出かけることもありえる。警察は119番?110番?どっちだっけ…。

そういえば、実家で飼っているペットのサクラの調子が、最近あまり良くないって言っていた。サクラの容態が急変したという知らせが実家から来て、一人でパニックになっているのかもしれない。私も長年ペットを飼っているので、その気持ちはすごくわかる。あれ?サクラは犬だっけ?猫だっけ?ウサギだったような気もしないでもない…。

慌てながらもできるだけ気を落ち着かせ、ゆっくりメールを読み始めました。電話をかける準備は万端。あとは場合によって、救急車か警察の番号を調べなくては。サクラに何かあったのなら、慰めの言葉も準備万端。その場合は犬か猫か、それともウサギか、話の中でそれとなく確かめなくては。

メールは読むというよりも、見るといった方が正しい短さでした。

「パンが焦げて真っ黒!!!!」

今度はビックリマークが1つ増え、4つに。自分で真っ黒に焦がしておいて、何を驚いているんだ。ビックリマークが増えた一方で、私の気持ちは急速に鎮まりました。というよりも、サーッと冷めました。気持ちが冷めたからと言って、冷たい言葉を返すようでは大人気ない。

「夢が覚めてガッカリ…………」

必要以上につけた「…」の数で、私のガッカリ具合を察してくれることを祈ります。

だけど幼なじみのことだから「夢が何だ。パンが焦げた方がガッカリだよ」なんて思っていそう。パンが何だ。ちょっとぐらい焦げた方がカリカリしていて美味しいもんだ。真っ黒こげは苦そうだけど。